ローラ いいとも忘年会で酒乱爆発・嘔吐にタモリと鶴瓶激怒

昨年12月26日に行われた『笑っていいとも!』(フジテレビ系)の忘年会で凄絶な様子が繰り広げられたという。当日は、『年忘れ超特大号』の放送日だった。収録後に、500本超のビールが用意され、出演者、スタッフ合わせ300人以上が集った大規模な忘年会が局内で行われた。その席でローラ(22才)が大暴れしたというのだ。異変が起きたのは盛大な乾杯の直後。

 「月曜から金曜までのレギュラー陣が順番に挨拶していくんですが、月曜レギュラーの渡辺直美さん(25才)が話しているとき、“ちょっとあの人、顔でかすぎじゃない!?”とチャチャを入れるローラさんの大声が響きました。開始早々に彼女は酔っぱらっちゃったみたいで…」(フジテレビ関係者、以下同)

 酒の入ったローラの勢いは止まらず、木曜レギュラーの伊藤修子(35才)が挨拶しているときには、

 「いきなりローラさんが、彼女からマイクを取り上げて、“あなたのこと、あたし知らな~い!”なんて叫び出しました」

 会場内は曜日ごとにテーブルが分かれていたのだが、ローラはそんなことお構いなし。

 「いろんな席にフラフラ行っては、“キャーキャー”と意味不明なことをわめきまくりで…。ひとしきり暴れた後に席に戻ってきたと思ったら、テーブルの上にいきなりゲーゲー吐き始めちゃったんです」

 そんなローラを一喝したのが鶴瓶だった。

 「さすがに見かねた鶴瓶さんが“お前、ええかげんにせえよ!”って、怒って会場の外に連れ出してましたよ」

 しかしローラは、タモリ(67才)相手でも遠慮はなかった…。

 「タモリさんは各テーブルを回って挨拶していたんですが、ローラさんが会場外から戻った時、タモリさんが彼女の席に座っていたんです。すると泥酔状態のローラさんは、“シッシッ”ってタモリさんを無理矢理どかしたんです。タモリさんは大人の対応で席を離れたんですけど、苦笑いで…。“酔いすぎじゃない?”って怒ってました」(別のフジテレビ関係者)
スポンサーサイト

人生観が変わる!?一度は行ってみたい世界のあの場所!!

今年の11月で30歳になる祥子さんは、20代最後の記念になるような旅行をしたいと計画を練っている。「今までの価値観を変えてくれるような場所に行きたいです。でも、どこに行くかなかなか絞りきれなくて…。とにかく情報を集めている最中です」と楽し気に話してくれた。

ハワイやニューヨークもいいけれど、20代最後の記念にするなら、ちょっと風変わりな場所もいいかもしれない。旅好きの2人の女性に体験談を伺った。

最初に紹介するのは「トルコのカッパドキアにある洞窟ホテルが素晴らしかった」と話してくれた美奈子さん(31歳・百貨店)。昨年の2月、お母様と二人でトルコを巡る8日間の格安ツアー(77,700円+燃油サーチャージ45,000円)に参加した。

カッパドキアは、長い年月の間に火山灰や岩が浸食され、キノコ岩や妖精の煙突と呼ばれる奇岩群が出現した不思議な風景の世界遺産。その周辺の岩に掘られた部屋を客室にしているのが洞窟ホテルだ。

「洞窟ホテルは、外見は岩をくりぬいただけのように見えますが、内装は岩を生かしたセンスの良いもので、部屋の真中にジャグジー、階段を上っていくと丸いベットがあるなど、とても豪華でした。古代ローマ時代のトルコはトイレが社交場だったらしく、洞窟ホテルのトイレは広さが20畳くらいあるんですよ。ワイン等も置いてありビックリしました」

トルコ旅行での注意点は?「トルコは日本人に友好的なので安心して旅行が出来ました。ただ、場所によって寒暖の差があるので服装には気をつけたいですね。重ね着をしたりマフラー等小物で対応するといいと思います。同じアイテムの物ではなく、Tシャツ、セーター、ベストなど違った物を持って行くと便利です」

「それと、ツアーでは必ずと言っていいほどトルコ石と絨毯の店に行きます。お店の人が流暢な日本語で勧めてくるので、財布の紐をしっかりしておかないと必要の無い物まで買ってしまいます」。次は「ポルトガルとスペインのサンチャゴ巡礼に行ってみたい」と話してくれた。

次に紹介するのは、ペルーのマチュピチュ遺跡を訪ねた順子さん(27歳・メーカー勤務)の体験談。2年前の8月、8日間のツアーに参加した。

所要時間は、ペルーのクスコまでがほぼ1日、次に車でクスコから2時間かけてオリャンタイタンボ駅まで行き、さらにマチュピチュ村までは電車で2時間。最後にバスで約25分ほど山を登るとマユピチュ遺跡に到着する。

まずは、マチュピチュ遺跡の感想をお聞きした。「テレビで見た風景が、目の前にそのまま広がっていることが、すぐには信じられなかったです。遺跡の中を見ていくと、石組みの技術や畑の作り方などに、ものすごい知恵が詰まっていて驚きました。遺跡には世界中から観光客が来ていて、国際色豊かでしたよ。みんな遺跡の中をのびのびと歩きまわり、芝生の上で一休みしたりしていて、世界遺産をこんな自由に歩けるなんて贅沢だなぁと思いました」

思いがけないトラブルもあったそうだ。「足を痛めました。薬局はあるものの、英語は通じないし、そもそも湿布があるかどうかもわからないし…。でも現地の人は本当に優しくて、カタコトのスペイン語とジェスチャーでなんとか伝わって、塗り薬を購入できました。ナスカ地上絵を見に行く際には、天候不良のため5時間くらい待たされましたが、現地ガイドさんとお茶をしながら、辞書を開いて発音を教えてもらったり、日本語を教えたりして仲良くなりました」

マチュピチュ遺跡の標高は2000m以上。手前のクスコは3000mを越える高地なので、そこにいるだけで息苦しくなる人もいるらしい。

「クスコのホテルでは、高山病なのか体調を崩している人もいました。そんなときは無理せず酸素ボンベのお世話になるといいようです。私は、高山病予防には水分摂取、特に『コカ茶がいい』と聞いていたので、ひたすらコカ茶を飲んでいたせいか元気でした。持っていくと役立つのは飴、ガム類。目薬・リップクリーム。頭痛薬と酔い止めも必須です。現地の人と仲良くなるには『スペイン語ひとこと会話集』を持っていくいいですよ」

観光客は狙われやすいし、特に女性の1人歩きは危ない海外旅行だが…。「言葉が話せなくても、とにかく堂々としていることが大切です。荷物等には細心の注意を払いつつ、おどおどせず、ここにこれから住むぞ!くらいの気持ちで歩くといいと思います!」と順子さん。次の目標はスペインのサグラダ・ファミリア、そしてニューカレドニアの海とのこと。

円高続きの今、しっかりと準備と整えたら好奇心を満たしに出かけて行こう。まだ見ぬ世界が元気な日本の女性を待っている!

seminer

1日5分の単純作業で勝率100%の投資法!
今だけ無料公開中!

鼻毛のお手入れをしていますか?

ムダ毛にもいろいろあるけれど、毛フェチの人でも受け入れられないのが鼻毛だろう。うっかり鼻から飛び出そうものなら、100年の恋は冷め、仕事の場でも説得力がなくなってしまう。そんな最重要箇所である鼻毛のお手入れを、独女たちはどのようにしているのだろうか?

「鼻毛のお手入れはしたことがない」と答えたのは恵子さん(35歳)。実は、彼女のような鼻毛カットバージンは多い。「切らなければならないほど、伸びたことがない」のが理由。鼻毛の成長には男性ホルモンが関係しているため、女性は飛び出る危険性が少ないそうだ。

「でも油断は禁物」と美津子さん(32歳)は話す。彼女が月に1回程度のお手入れを始めたきっかけは、婚約者の「見えそうで見えないところに鼻毛が生えてるよ(笑)」との指摘があったから。
「鏡で確認したら、鼻の穴のぎりぎり下の部分に生えていました。今まで鼻毛を出した自覚はないのですが、もしかしたらやっちまっていたかもしれません。彼に教えてもらい、眉毛ハサミでカットしてみたら鼻の中がスースーして気持ちよかったです」

紀子さん(34歳)は、美人の友人の鼻毛を目撃したことからお手入れを始めた。
「友人はかわいいのに、頻繁に飛び出がち……。笑顔のときにひょっこり出ていることが多いので、私はどうかしら?と思ったんです。鏡を見ながら笑顔を作って、飛び出ているのを見つけたらすぐに始末します」

なお、友人に鼻毛のことは指摘できないと紀子さん。決して恥ずかしい毛ではないが、相手の受けるダメージを考えると口にしづらいそうだ。なお、Googleで「鼻毛 指摘」で検索をすると54万2000件がヒット。誰もが他人の鼻毛には困っている。ここまで来ると、鼻毛の伸び具合は自己責任。女性ホルモンに甘んじることなく、気をつけていきたい。

ついでに、お手入れに個人差の多い陰毛についても調査してみた。鼻毛よりも飛び出し確認しやすいが、見せる機会も少ないと無法地帯になる傾向がある。

既婚者の真理子さん(34歳)は独身のころはデートの前日には必ずお手入れしていたという。
「長い部分はハサミでカットしてビキニラインはT字かみそりで剃っていました。でも普段はあまりやらないですね。短くカットしすぎると、チクチクかゆくなったりするので。今は伸びようがどうなろうが、夫も私も気にしないのでまさに密林状態です」

陰毛のお手入れ回数は、見せる相手の有無による。恋愛モードにならないとケアも怠りがちなのだ。女子力をアップするために、特に予定がなくともあえて陰毛をケアするのもいいのでは?

ワキ毛も陰毛も毛抜き派なのがヒロミさん(31歳)。
「痛そうだと言われますが、私、抜くのが大好きなんです(笑)。もはや娯楽の域だから毛抜きにはこだわっていて、先端が平らになっているやつをもう20年近く愛用。見当たらないとオロオロしますね」

処理範囲が広いという聖子さん(29歳)も毛抜きを使う。
「陰毛って太いから、かみそりだと後が残っちゃう。そうなると毛抜きしかありません。資生堂の先端が斜めになっているタイプが使いやすくてお気に入り♪」

かゆみなど、肌のトラブルを避けてハサミでカットする人も。それでも由紀子さん(30歳)は痛い失敗をした。
「使うのは工作ハサミ。ザクザクっとまとめてカットしやすいんです。ただ、以前にビキニラインもハサミで調子よく切っていたら、うっかり肉をつまんでしまい、流血……。翌日は海水浴だったので、かなーりしみました」

ビキニラインは場所が場所なだけに、医者にも見せづらい。シェービングクリームを使ったり、専用の処理機を使うなどして丁寧にお手入れしてあげよう。キレイに整えたた後の達成感はひとしおである。お披露目できないものだけど。

空から“糞便の氷”落下相次ぐ、ドイツでの外出時は上にも注意?

家の外を歩いているとき、たいていはほかの人や車が来ないか前後左右を注意するくらいで、なかなか上には気が行かない。“降る”といえば雨や雪といったところだが、まれに動物や物体など、想像もしなかった“何か”が降って来る話もあるから、世の中分からないものだ。ドイツでは1月から、飛行機の落とし物と思われる排泄物の塊が家を直撃するトラブルが4件立て続けに発生した。これまでにも飛行機から糞便が氷となって落下するケースは世界各国から多数報告されているが、今回は短期間に狭い範囲で落下が相次いでいることに、市民も航空当局も困惑しているという。

独紙ザ・ローカルやビルドなどによると、この一件は、ドイツ南部のバイエルン州とバーデン=ヴュルテンベルク州、東部のザクセン州でのこと。幸い、いずれも住宅の庭や屋根に落下したため、けが人の報告はないというが、バイエルン州に落下した塊は「重さ2キロ」に達するなど、いずれも人に直撃したら危険と思われる大きさだった。

最初にこの落下被害に遭ったのは、1月にバーデン=ヴュルテンベルク州フェルバッハの住宅で、このときは手のひらサイズの塊が「屋根のレンガを破壊」。さらに2月初旬には、同州ニーフェルンに重さ1.5キロの「尿の塊」が住宅の庭に落下した。そして2月中旬、今度はザクセン州ローダーズドルフで暮らす81歳の男性宅の屋根に、「20センチほどの凍ったボール」が落ち、音に気付いた男性が庭で見つけたボールに近付くと、それは「ものすごい異臭を放っていた」という。

最後はそれから1週間後、バイエルン州ニュルンベルグに住む女性宅に落下した2キロの氷。そのとき女性はリビングで寛いでいたが、突然の「大きな爆発音」を聞いたそうで、当初「屋根が凹んだのかと思った」ほどの音は、庭に氷が落ちたときのものだったという。その衝撃は相当だったようで、彼女は「本当に家の中にいて良かった」と安堵したそうだ。

これらのケースについて、ニュルンベルク空港の関係者は、やはり「飛行機のトイレから漏れた水が氷となって落ちた可能性がある」(ビルド紙より)と推測。飛行機の貯水タンクから漏れた水が凍り、下に落ちるケースは古今東西報告されているが、大きな氷の塊となって短期間に限られた範囲内へ落下するケースが続出するのは「珍しい」(英紙デイリー・メールより)ともされている。

しかし、ドイツ国内だけでなぜこうしたトラブルが続出しているのか、「説明をするまでには至らなかった」と航空当局も困惑。それは、被害に遭うかもしれない市民にとっても同じで、中には「天から落ちてくる“いらないギフト”を受け取っている」と、不安を募らせている人もいる。特に家の上空で飛行機を見かけるドイツ市民にとっては、原因が特定されるまでは、外出時には空にも注意せざるを得ないのかもしれない。

子供の立ち小便巡り大げんか、嫌味と挑発の罵り合いの果てに負傷も。

ささいな出来事がきっかけで、ときに大げんかに発展することがある。中国では先日、子どもの立ち小便を巡って、大人が大げんかするという一件が報じられた。

中国紙金陵晩報などによると、この一件は江蘇省南京市下関区で暮らす王さんが、孫に立ち小便をさせようとしたことが発端。王さん夫妻は毎朝8時ごろ、孫を幼稚園まで連れて行くのが日課になっていた。その日も普段通り孫を伴って幼稚園への道を歩いていたところ、突然孫が尿意をもよおしてしまい、仕方なくその場で小便をさせることに。すると、ちょうどそこに「何をしているんですか!?」と怒鳴りながら女性が登場。孫が小便をしようとした場所は、女性の家の壁だったためだ。

咎められた王さんは「5歳児が突然尿意をもよおしたんだ。立ち小便するくらい別に良いではないか」と思い、「いきなりそんな怒鳴り声を上げられたら、子どもはたまったもんじゃない!」と、けんか腰で登場した女性に激怒。王さんと女性の間で罵り合いが始まってしまった。

現場に居合わせた王さんの妻はなだめようとするが効果はなく、罵り合いは互いに一歩も譲らぬ泥仕合と化してしまう。女性が「子どもが外で小便をすること自体には反対しませんよ。ただうちの壁ですからね。すぐそこに下水口があるというのに。そんなことであなた、子どもに教育なんて出来るんですか?」と嫌味を言えば、王さんも負けじと「うちの孫に毎日ここで小便させたらどうなるか見てみますか」などと反撃。そうこうしているうちに女性のほうが近くにあったレンガを手に取り、王さんを威嚇し始める。女性としては「これで決着が付く」と踏んでの行動だった。

しかし、興奮していた王さんはひるまない。「やれるならやってみろ。できないなら臆病者だぞ」などと相手をさらに挑発。ついにキレてしまった女性はレンガを投げつけ、結果、王さんは頭から出血する傷を負ってしまった。

最終的には警察が介入することで事態は収まったが、頭に傷を負った挙句、病院で治療費を払うことになった王さんは反省しきり。二度とこうしたことが起きないよう、自分を戒めていくつもりだという。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。